カラフルな医薬品
  • ホーム
  • レビトラがもし合わなかった時はどの薬がおすすめか

レビトラがもし合わなかった時はどの薬がおすすめか

笑顔のスーツの男性

レビトラは世界で2番目に開発されたED治療薬で、バルデナフィルを主成分として世界中で販売されています。
日本でも認可されているので、専門のクリニックや泌尿器科で処方してもらうことができます。
レビトラの特徴は即効性、および作用の持続時間が最長で10時間と長めになっていることで、素早く血中濃度が上昇する反面、代謝が緩やかなのが理由なのか副作用が少なくなっています。
日本でのED治療薬はレビトラを含めバイアグラとシアリスの3種類が存在し、作用機序はすべて同じですが主成分がそれぞれ異なっていて、作用時間や副作用の問題など特徴を持っています。
どのED治療薬でも、正しく服用すれば副作用のリスクは低く、安全に利用することが可能ですが、必ず効果が発揮できるとは限りません。
どんな医薬品でも体質に合わなければ効果はなく、副作用ばかりが生じることもあるので、レビトラを使用して万が一でも効果がない場合は、残り2つのバイアグラとシアリスを使用すれば改善できる可能性があります。
バイアグラはレビトラほど即効性はありませんが、比較的早く効果が発現し、それなりに作用が持続します。
シアリスは即効性こそないのですが、最長で36時間は効果が持続するのが特徴となっています。
これらを使用しても、合わないという人は、海外で販売されているジェネリック医薬品を使用してみるのもひとつの手でしょう。
レビトラのジェネリックの1つで通販でしか買えないサビトラは格安なので気軽に使用できるED治療薬となっています。
主成分は同じですが、製造工程が異なるので、体内に吸収される速度や効果に若干の違いがあります。
価格も安く手に入るので、先発医薬品を除いて試してみるのも良いかもしれません。
また、日本では未認可となっていますが、第四世代のED治療薬が海外では普及しているので、こちらを利用してみるのも良いでしょう。