カラフルな医薬品
  • ホーム
  • レビトラを使う人の多くが満足している

レビトラを使う人の多くが満足している

笑っている男

中折れや勃起ができないED患者に処方される治療薬のひとつにレビトラがあり、副作用の少なさ、効果が発揮されるまでの時間の短さに定評があります。
レビトラは世界で2番目に開発されたED治療薬で、PDE5阻害薬に分類されています。
有効成分のバルデナフィルは、世界的にも有名なバイアグラと酷似した化学構成をしていますが、水に溶けやすいという性質を持ちます。
服用して体内に吸収されるまでに必要な要素のひとつで、吸収効率が良いので効果が発揮されるまでに要する時間が短くなっています。
バイアグラは効果が発現するまでに30分前後が必要で、性行為の1時間前には飲むよう推奨されていますが、レビトラは15~20分という即効性があり、最高血中濃度到達時間は30~60分と言われています。
そのため、性行為の30分前に飲めば良く、直前の使用でも十分に効果が発揮されます。
ED治療薬は性行為の前に飲むことが推奨されていますが、実際にそのタイミングを確認するというのは非常に難しいものです。
パートナーと予定を立てて、決めていたというのであれば別ですが、その場の雰囲気というものもあるので、寸前で慌ててED治療薬を飲むこともあるはずです。
しかし、即効性がなければ効果が出るまで待ち続ける必要があり、その間に白けてしまったということにもなりかねません。
レビトラはそういったタイミングでも問題なく使用することができ、慌てて飲んでも十分に効果が発揮されるので、いざという時のための常備薬にもなります。
また、効果が早いにも関わらず副作用は控え目になっているので、頭痛やめまいで性行為に集中できないということも少ないようです。
効果が持続する時間も5~10時間と長めになっているので、手早く行為を終わらせるという焦りも必要なくなります。

サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ